桜心のえび

レッドビーシュリンプの飼育日記

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔法の水で、エビさんが・・・\(^o^)/

こんにちは

桜心です





今回は、前回の記事の続きです

だいぶ前のことなんですが、亜硝酸にやられてしまったエビさんたちを助けようと、
_MG_1058.jpg

調子の良い120センチ水槽に移すために、水合わせをしていましたが、

時すでに遅し・・・

全部のエビさんが、横になってしまったた・・・というところでしたね





時系列に沿って、まとめてみますと・・・

まず、エビさんのマネキン状態に気づいたのが、AM9:00

すぐに助けようと水合わせをしたけれど、

エビさんたちがみんな横たわって動かなくなってしまったので、

主人が、『ダメやね。こうなったらもう生き返らんもんね。』

と水合わせを中止したのが、AM9:30ぐらい

足していた調子の良い水槽の水の量は、元水の倍になった程度でした。

いつもなら、お星様☆になったエビさんを、裏庭のソイルの山に埋めに行くのですが、

この日は雨だったので、そのままの状態で、置いておきました。

その夜のことです。

エビ部屋で、主人が大きな声で何か叫んでいるのが聞こえたので、慌てて行ってみると・・・





『エビが動いてる

プラケースをのぞいてみると・・・

朝からさっきまで約8時間半もの間ずっと横になって、ピクリとも動かなかったエビたちが、

ピクピク動いていて、中にはツツーっと横泳ぎしているエビまでいたのです

これなら助かるかもしれない

120センチ水槽に入れてみました すると・・・

なんということでしょう

全てのエビさんが自力で泳いで、水槽のマツモに止まったのです

その後も死骸は見つからなかったので、ほとんど全匹生き返ったのだと思います。

夢を見ているみたいだと思いました

シュリンプ歴8年になりますが、今までに、

横たわって動かなくなったエビが、生きたことはなかったので






そこで、『亜硝酸は』と思い立ち、プラケースの水を測ってみました

すると・・・

朝は真っ赤っ赤のMAX状態だったのに、
ashousan aka


夜にはこのとおり
ashousan nashi

安全地帯までになってました~





水合わせする時、元の亜硝酸MAXの水を、このくらい入れた状態で、

調子の良い120センチ水槽の水の点滴を始めました。
IMG_1584.jpg
                                        (写真はイメージです。)

そして、30分後、元の水の量の2倍くらいになった時点で
IMG_1582.jpg
                                        (写真はイメージです。)
エビさんがみんな横たわってしまったので、

『お星様☆になってしまった』と諦めて、水合わせは止めました。

この状態で、8時間半放置・・・

亜硝酸を硝酸塩に変えるバクテリア『ニトロバクター』は、

アンモニアを亜硝酸に変えるバクテリア『ニトロソモナス』よりも、

生育スピードが遅いといいますよね。 分裂は、2日に1回だとか

それでも、十分に『ニトロバクター』がいる水であれば、

同量の水のMAX亜硝酸を、半日もあれば、ほとんど分解することができるということ・・・

ですよね

水槽立ち上げ時にも、調子の良い水槽の飼育水をいくらかでも使えば、

立ち上がりの時間が短縮されたり、亜硝酸の心配が軽減したりと

良いことがありそうです





タイトルの、『魔法の水』と言うのは、きちんと立ち上がった水槽の水のことです

決して、高価な添加剤などではありません。

バクテリアが十分繁殖している水は、まさに、エビにとって魔法の水なんですね

改めて、水作りの大切さを実感した出来事でした



お帰りの前に、ポチッと1回押してくださるとうれしいです
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます
スポンサーサイト

| 水槽 | 00:11 | comments:70 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。