FC2ブログ

桜心のえび

レッドビーシュリンプの飼育日記

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

浮き草の根っこを見たら・・・(^_-)-☆

こんにちは

桜心です

いつもポチッと・・・ありがとうございます
          
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





今日の話題は・・・我が家の水槽には欠かせない浮き草についでです

これまで『アマフロ』と呼んでいましたが、

正式には『ドワーフ・フロッグピット』ですね

時々バケツいっぱい捨てなければいけないくらい爆殖してしまうこの浮き草ですが(笑)

我が家では、とても大切な指標となっています

これまでにも、何度か記事に書いたことがありますが、根毛にボワボワがついた時は、

ろ過のバランスが崩れていることが多いです
IMG_0288.jpg


このような水槽では、エビさんの調子も落ちてきます

茶色く汚れた根が白く戻ったときは、

IMG_0752.jpg


生物ろ過のシステムが整った証ではないかと考えています

エビさんの状態も、良好になります





もう1つ、浮き草で指標としている部分は、根の伸び具合です

水槽によって、浮き草の根が短い水槽と、長く伸びている水槽があります。

また、根毛がフサフサに生えている根と、全く生えていない根もあります。

この違いは、どこからくるのでしょうか・・・

例えば、この水槽、根が底面につく程伸びていますが・・・
IMG_0748.jpg


実はこの水槽、エビさんを全部抜いて、リセット待ちの状態なんです。

エビさんが入っていた頃には短かった根が、一気にこんなに長く伸びました

根の先は、ソイルの養分を直接吸収しようとしているかのようです
IMG_0750.jpg


更に、普段はほとんど根っこのないコウキクサも
IMG_0914.jpg


一気にこんなに長く、根を伸ばしています

程よいスピードで成長していく場合は問題ないのですが、

急激なスピードで根だけが伸びていく状態の時は、

あまり水槽の状態が良くない時が多いです。

実際この水槽のソイルの表面は
IMG_0751.jpg

こんな感じで、ボワボワが溜まっています

この水槽でぐんぐん根を伸ばす理由は、水中に栄養がないために、

一生懸命必要な栄養を吸収しようとするからでしょうか





逆に、根が伸びなくても、株がどんどん増えている水槽は、
IMG_1587.jpg


他の水草の成長も良いことが多く、もちろんエビさんたちの活性もOKで、

また、エビの個体数が殖えても大丈夫で、

結構な過密状態にも対応できているという気がします
usushikisui.jpg
(旧アマゾニア水槽)


旧アマゾニアのような栄養たっぷり系のソイルを使った水槽では、

このような状態が多いです

逆に、吸着系の性質が強く、スッキリとした感じの水槽では、

株の増え方が緩やかな代わりに、根が伸びるスピードが早いように思います

このような水槽では、エビの個体数は、

あまり過密状態にし過ぎない方が良いような気がします。

我が家は、添加剤は使っていないので、水槽環境や水草の状態に、

ソイルの特徴が出やすいのではないか、と感じています

ソイルと水草(浮き草)の様子とエビの数・・・

結局は、バクテリアの数と正比例していそうな気がするのですが、

みなさんの水槽では、どうでしょうか






もちろん、水草の成長具合は、

ろ過システムや、光量の度合いなど、様々な条件によって、随分違ってきますので、

一概には言えないとは思いますが、

我が家では、この浮き草の状態は、1つの指標となっています

今回は『浮き草』に限定した内容でしたので、

他の水草については、また違った特徴が見られるのではないかと思っています





いずれにしても、自分が安心できる状態の水草が維持できていれば、

たいていエビの調子も安心な状態であることが多いですね

そんな水槽を目指して、これからも頑張って行きたいものです


お帰り前にポチッとしていただけると、うれしいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます


スポンサーサイト



| 水草 | 00:44 | comments:48 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |