桜心のえび

レッドビーシュリンプの飼育日記

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

厳しい寒さに耐えた、エビさんは・・・v(^^)v

こんにちは

桜心です


いつもポチッと・・・ありがとうございます
           
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


年度末、超多忙の毎日を送っておりますので、毎日が睡眠不足で・・・

返コメ・訪問が遅れております スミマセン

同じように、この時期お忙しい方もたくさんいらっしゃると思いますが、

お体を壊されないように、気をつけてくださいね




さて、前回の記事で、最近の外水槽の様子をアップしましたが、

今日は、気になるエビさんたちの様子を、ご紹介しますね

今回、春の繁殖に向けて、プチリセットするために、

外水槽に入れていた水草とブラックシリカと一旦取り出しました

すると・・・ (水槽内が暗いため、こんな写真しか撮れません
3-29 1

3-29 3

3-29 4


結構な数のエビさんがいるではないですか

でも、よく見ると、小さな稚エビちゃんは・・・いませんでした

寒い時期に抱卵したママさんがいましたが、

今は、抱卵ママさんも見当たりません

と言うことは・・・

孵化はしたものの、稚エビちゃんは残らなかったか、

ママさんがお星様☆になってしまったかの、どちらかですね・・・

昨年秋に生まれた稚エビちゃんの数から考えても、

恐らく、孵化した稚エビちゃんが、寒さに耐えられなかったのではないかと思います

稚エビちゃんたち、ゴメンナサイ

昨年夏の水槽立ち上げ時に、50匹のエビさん投入、

その後、秋には200匹近くの稚エビちゃんが生まれていましたが、

今回掬ったエビさんは、親エビ・若エビ・稚エビ合わせて、

130匹弱でした
3-29 5

3-29 6


やはり、生まれたての稚エビちゃんには、この環境は、厳しいようです

それでも、こんなにたくさんのエビさんたちが、

最低水温2℃の環境に耐えて、春を迎えることができたというのは、

予想以上の快挙だと思っています

立ち上げ時に投入した50匹からは、2倍以上に殖えていますからね

しかも、実は途中で1度、ちょっとした失敗をしちゃってるので・・・

それがなければ、もっとたくさんのエビさんが残っていたのではないかと

この失敗談については、また後日に




今回の外水槽の実験では、少なくとも

『エビさんは低温に強い』 という俗説を、見事に証明してくれたと思います

ただ、あまりに低すぎる水温では、生き延びることはできても、

やはり繁殖は望めないようですね

これからの暖かい季節に期待です

今後は、少し足しソイルをして、外飼育を継続してみようと思います

外飼育開始から8ヶ月経過

1年経過する頃にはどうなっているか、楽しみです



寒い時期に、外水槽で頑張ったエビさんたちに、
労いのポチをお願いします
            
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます


スポンサーサイト

| ビーシュリンプ | 00:04 | comments:60 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。