桜心のえび

レッドビーシュリンプの飼育日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エビさんが群がる、アレの秘密^^ (α型とβ型の違い)

こんにちは

桜心です



さて、今日もまた、先日から、2回の記事で引っ張ってるアレについてですが・・・
164.jpg

今日見たら、こんな感じで、上から半分が折れてました
_MG_6258.jpg


この『アオリイカの軟甲』に、我が家が注目している成分は・・・



キトサン です



・・・って、もうすでにわかってました あ、そうですか^^;

イカの軟甲の主成分は、炭酸カルシウムなので、

そっちの方も、硬度が低い我が家にとっては、注目すべき存在なのですが

今回は、キトサンの話題です。



キトサンは、甲殻類のエビさんにとっては、欠かせない成分ですね

脱皮不全対策、脱皮促進、エビさんの色上げなどのために、

いろいろなキトサン製品が出回っています。

ところが、キトサンは全部同じかというと、そうではありません。

キチン・キトサンには、分子構造の違いによって

α(アルファ)型、β(ベータ)型、γ(ガンマ)型の3種類があるんですよ



α型:カニやエビの殻に含まれ、自然界に最も多く存在する。
    通常、薬局などに出回っているのは、このα型キトサンがほとんど。


β型イカの軟甲などに存在するだけ。

・γ型:α・βの混合型で、イカの胃の中に存在するだけ。



α型とβ型は、分子のつながり方に違いがあって、

β型は一方向に一直線につながっているため、不安定であり、

そのため、他の物質と反応しやすい構造になっています。

なので、β型は、反応性が高く、親和性が良いと言われています



また、α型は分子内水素結合をもつため、水に浸しても安定した状態ですが、

β型は、水素結合がないため、不安定な分子の間に、水分子が入りやすい状態だそうです。

なので、やっぱりα型に比べると、構造はもろいんですね。

そのおかげで、β型はα型に比べると断然溶けやすく、なじみやすく、

吸収されやすいということですね



人間の健康維持、病気の治療のためにも注目されているイカキトサンですが、

なにしろイカの軟甲なんて、ほんのちょっとしか取れないので、

お値段が・・・ 小さな1箱でウン万円するものもあります

だったら、イカの軟甲、そのまま使っちゃえば 

という単純な発想が、我が家流



さすがに生のままはどうかと思うので、お鍋で似て、天日干しして、

カラカラに乾いたものを、ソイルに直接、グサッ

最初は、ただのモニュメントと化しておりましたが、

数日後、たくさんのエビさんたちが張り付いて、ツマツマを始めました。

膨潤しやすく、親水性があるということなので、柔らかくなって、食べやすくなったのかな



で、結局、効果の程はと申しますと・・・



まだ、わかりません

これを与えたから色が上がったとか、脱皮促進になったとか、

現段階では、確信的には言えないです。

ただ、今のところ、お星様☆になるエビさんもいないし、みんな元気にツマツマしてるので、

心配だった過剰摂取による毒性の心配も、この調子なら大丈夫なのではないかと思います

エビさんにとって、必要な成分だからこそ、体に取り込もうとしているんだと思うのですが

同じように、イカの軟甲を与えたことがあるという大阪エビさんは、

「色が良い感じに濃くなる」という結果を得ているそうです

今後の期待・・・大かな



まだまだ実験は続けます

いつか、この実験の答えは、出るでしょうか



長い記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございました




ランキング参加してます
ポチッと1回 押してくださると、うれしいです
   
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ビーシュリンプ | 22:43 | comments:24 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ

キトサンって3種類あったんですね・・・知りませんでした。

| 水槽係 | 2010/11/04 23:38 | URL |

はじめまして

初カキコミさせていただきます♪

以前から桜心さんのブログには遊びに来ていたのですが、なにせ小心者なので、今回は勇気を出して初カキコさせてもらいました。

大変参考になる記事で今後の展開に期待大です!!
ちょっとマニアックな内容大好きなので、また宜しくお願いしますね♪

我が家も晩御飯にイカが出るときは、試してみたいと思いますv-290

| はるまさ | 2010/11/04 23:41 | URL |

水槽係さん

カニ殻(α型)なども入れたことあるのですが、硬くて、いつまでも残ってるんですよ。
でも、イカの軟甲(β型)は、数日もすれば、フニャフニャになっちゃいます。
おもしろいですねe-454

| 桜心 | 2010/11/05 00:18 | URL |

はるまささん

はじめましてe-257
訪問&コメント、ありがとうございますe-420
また、今までも、遊びに来てくださっていたそうで、ありがとうございますe-466

主人が思いつきで実験した時だけ、マニアックな記事が書けると思いますが(笑)
これからもよろしくお願いしますe-343

| 桜心 | 2010/11/05 00:21 | URL |

桜心さんて、もしかして大学の教授とか!?v-405
前々から思ってたんですが、すっごく知的な部分がちょろ松には見えます!!

噂のご主人様も、いつかはブログデビューされるんですか!?(笑

| ちょろ | 2010/11/05 00:34 | URL |

いろいろ試してみますが
効果がわかりやすいのはあまり無いですね^^
何かサプリ的な物を試す時は吸収率が気になります。
詳しい事は分からないので
水溶性がどれだけあるか?って言う部分を重視してます。
水に溶けやすいなら吸収もされやすそうって言う
思い込みを頼りにしてます(^^;)

| 海老すぺ | 2010/11/05 01:50 | URL |

なるほどv-12
理解するのに2回読み直してしまいましたよ^^:
奥深いですね

もっと勉強しないとです

ポッチと

| kazu bee | 2010/11/05 04:51 | URL |

おはようございます!

勉強になります^^
イカの骨だけで売ってないですかね・・・

皆さん知識が豊富で凄いですね!

ポチv-234

| 智恵えび | 2010/11/05 05:10 | URL |

深いですね。キトサンは3種類も存在するんですね。その内2つがイカに含まれているんですね。勉強になりました。軟甲は、やはり入手がむずかしいです。残念!!
全く関係ありませんが、我が家も沢山エビがいた頃、タンパク質補給の意味でおやつに「あたりめ」をあげていた時期があります。

| kurasama | 2010/11/05 08:41 | URL |

イカのなんこうだったのですか!!!
すごい意外でした!!!
こうなると、サザエとかの貝の殻も塩抜きすれば置物として使えそうですね^^

| まろっそ | 2010/11/05 18:36 | URL |

こんばんは!

おもしろいですね。
いろいろ考えていらっしゃいますね!

キトサン!
昔、液体を買って投入してたことありましたが、
こっちの方がおもしろそうです。

水槽部屋?廊下?とても参考になりました。
では!

| アクア | 2010/11/05 19:10 | URL |

こんばんは^^

キトサンにも種類があるんですね!
試してみたいけど、手に入るかな~!

イカの軟甲・・・
そのまま入れたら水槽が生臭くなるのかなぁ??

| 北九えび | 2010/11/05 21:04 | URL |

ちょろさん

はい。実は・・・○○大学の・・・

なんて、そ、そ、そんなe-330
もったいないお褒めのお言葉ですe-330
主人と一緒に、思いついたことをテキトーにやってるだけですよe-454
みなさんのブログなどを拝見しながら、いろんなこと勉強させてもらってますe-343

噂の(?)主人は、実験の失敗談のブログなら、作れるかも・・・です(笑)

| 桜心 | 2010/11/05 23:28 | URL |

海老すぺさん

そうなんですよね~。
『コレをしたから、こうなった。』と断定できる結果は、なかなかないですねe-330
勝手に良かったと解釈して、やり続けてたら、見当違いで、調子崩しちゃったりとか^^;
エビさんは、エラから水中のいろいろなものを取り込んでいるということなので、水にどれだけ溶けやすいかは、大切な判断材料になるでしょうねe-257

| 桜心 | 2010/11/05 23:40 | URL |

kazu beeさん

2回も読み直してくださって、ありがとうございますe-343
結局は、『α型よりβ型の方が、溶けやすくて吸収されやすい』ってことだけなんですけどね^^;
長々と書いてしまって、難しそうになっちゃいましたねe-330
私も、難しいことはわからないんですけどe-454

ポチ、ありがとうございますe-420 
すごく励みになりますe-257

| 桜心 | 2010/11/05 23:44 | URL |

智恵えびさん

イカの軟甲・・・タダ同然のものなのに、精製して商品にすれば、バカ高いですからねe-2
イカ釣りが趣味のお友達でも見つけようかなe-454

ポチ、ありがとうございますe-420
モチベーションUPしますe-70

| 桜心 | 2010/11/05 23:48 | URL |

β型すごいですね。@w@ うちはザリガニの殻ごと粉砕したのを餌に与えてるので、α型になるようです。

軟骨、上手く手に入ったらわたしも遣ってみたいです。>w<
1台昆布と軟骨水槽がつくってみたいですね。@w@

こう言っちゃ失礼ですが、実験の失敗談おもしろそうです。>w<;

| マフダ | 2010/11/05 23:48 | URL | ≫ EDIT

kurasamaさん

カニ殻なども与えてみたことあるんですが、α型だからか、全然溶けてくれなくて、そのまま残ってましたe-330
イカの軟甲は、数日もすればフニャフニャになります。おもしろいですe-343
「あたりめ」のおやつ、なかなか良さそうですねe-2
イカって、いろいろと役に立つんですねe-454

| 桜心 | 2010/11/05 23:51 | URL |

まろっそさん

びっくりしてもらって、うれしいですe-454
貝殻のレイアウト、すてきな水槽になりそうですねe-420
カキ殻を入れたりもしますし、大丈夫だと思いますe-343

| 桜心 | 2010/11/05 23:53 | URL |

アクアさん

我が家でも、キトサン溶液使ったことありますが、
なんてったって、イカの軟甲は、タダですからねe-454
また、叔父に釣ってきてもらわなければ(笑)

玄関の水槽部屋、ちょっとでも参考になれば、うれしいですe-343

| 桜心 | 2010/11/06 00:14 | URL |

北九えびさん

我が家もたまたまイカの軟甲が手に入ったので、試してみたんですけどねe-343

水槽が生くさくなるかどうか、エビさんに聞いてみます(笑)

| 桜心 | 2010/11/06 00:16 | URL |

マフダさん

我が家も、カニ殻とかエビの殻とか与えたことありますが、なかなか溶けてくれませんでした。
でも、ツマツマはしていたので、食べてたんでしょうね。
昆布は、以前2つの水槽に入れてたことがあるんですけど、その2つとも稚エビがとてもよく殖えましたe-257
稚エビちゃんにとっては、なかなか良さそうですe-343
昆布を入れると、TDSが上がるので気になる方もいらっしゃるようですが、我が家は全然気にしないのでe-454
ただ、ちゃんと水ができて安定した水槽でないと、水質悪化につながることもあるようなので、入れるときはちょっと気をつけてくださいね。
実験の失敗談は・・・昆布の入れすぎ・・・とか^^;

| 桜心 | 2010/11/06 00:21 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/04/05 15:42 | |

松山さん

コメントありがとうございます^^
返信が遅くなってしまい、申し訳ございませんでしたm(_ _)m
お家がイカ屋さんですか!
それはイイですね♪
ぜひ、お試しくださいませ(^_-)-☆

| 桜心 | 2014/04/21 20:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurakokoro2.blog76.fc2.com/tb.php/53-50cd0dcc

TRACKBACK

アオリイカ時々エビちゃんちゃん

いやいや、明日まで待てないってば! 皆様のブログを過去から一気読みしまくっている アラフォーです。 こんばんは。 今日はあなたのブログにお邪魔するかもしれませんよ。 フフフ・・ で、房総半島行ってきました。 アオリイカつりにです! 内緒にしていましたが、…

| アラフォーのオサンがシュリンプ飼ってみる | 2012/04/27 03:11 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。