桜心のえび

レッドビーシュリンプの飼育日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

懐かしのあのソイルに、似てるかも(^O^)!?

こんにちは

桜心です

またまたたくさんの応援ポチ、ありがとうございます
           
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

久しぶりに連続更新、頑張りました~





さて、『ブリーダーズ厚敷き水槽の考察Part2』です

前々回の記事で紹介した、我が家の『ブリーダーズソイル厚敷き水槽』が、

現在『白カビ&茶ゴケ』状態になっているので
IMG_0619.jpg


そのことについて、いろいろと考えてみています

前回の記事では、『好気性バクテリア&嫌気性バクテリア』について書きました

今回は、ソイルの性質について書いてみたいと思います





(2)吸着系&栄養系


ブリーダーズソイル発売当時、

吸着系と栄養系の良さを兼ね備えたソイル』と、聞きませんでしたか

私は最初に、底面ろ過システムでブリーダーズソイルを使ってしまったため、

PHやGHやTDSが急激に下がり、吸着力のスゴさだけに気を取られてしまって、

他の特性についてまで、気が回らなかったのですが・・・

今回、底面なしの厚敷きで立ちあげてみて思ったことは、

昔のアマゾニアを立ちあげていた感じに、ちょっと似てるな~、ということです

最初の1~2ヶ月は、ガラス面が茶ゴケで汚くなり、水草もイマイチで、

どよ~んとしたような水槽の状態が続くけれど、

IMG_1316.jpg


そのうち水が飴色に光り出して、その頃には茶ゴケも解消され、

モスの先っちょから若緑色の新芽が出てきて、モスがキラキラして見えるようになります

IMG_0314.jpg


水も水草もキラキラになるので、水槽全体が輝くような感じに

これは、栄養系ソイルの立ち上がり過程ですよね

私は、そんなに多くの種類のソイルを使ったことがあるわけじゃないので、

自分の少ない経験からしかわからないのですが、

吸着系ソイルだけで立ちあげた場合は、最初から水はスッキリで、

コケなども出にくいような気がします

ブリーダーズも、薄敷きや、底面ろ過と一緒に使った時は、

最初からかなりスッキリした状態だったので、

吸着系』というイメージが、強かったのですが・・・

今回、底面なしの厚敷きにしてみて、イメージが変わりました




もし、このまま昔のアマと同じような過程をたどるのであれば、

早ければ3ヶ月後くらいには、

調子の良いピカピカの水槽が出来ているかもしれませんね

他の方の経験談みたいに、

立ち上げ後しばらくは調子悪いけど、半年過ぎたら爆殖』という水槽に

なる可能性もあるかも・・・

前々回の記事で、大阪えびさんから、

『3ヶ月くらいから、凄い!!!アマゾニアの大当たりを引いた様な

凄いソイルかも?って思えてきました^^;』

とコメントいただいているので、ますます期待しちゃいますよ

ただ、昔のアマは、我が家では必ず底面ろ過と一緒に使っていて

上記のような立ち上がり具合いだったので、

ブリーダーズと特性が全く同じ、というわけではなさそうですけどね

さぁ、どうなるかな~




ではでは、次回3つめの考察について投稿しますので、

その後、よろしければ、コメントをよろしくお願いします

今回も、『コメントなし』設定にしております。 ご了承くださいませ



お帰り前に、ポチッと1回クリックしていただけると、うれしいです
                       
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます


スポンサーサイト

| 水槽 | 23:17 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://sakurakokoro2.blog76.fc2.com/tb.php/554-141c7bb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。